BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 広幅の水槽で

広幅の水槽で

いつもお着物を染めている小幅の水槽とアパレルさまの生地を染める広幅の水槽では描ける模様が異なります。


 大きな水槽は幅が180cmにもなるので、コームのような道具を使用する柄は手がどうしても真ん中まで届かないのです。
なので、フリーハンドで描けない細かい模様などは特にむずかしい。

 「できないっ」

とは言わず、できるだけさまざまな模様が大きな生地でも染められるように日々、私たちは挑戦しています!

50cmほどのコームを3回通して模様をつくります
細かい模様に

 できるだけ手ブレしないように、集中して模様を創っていきます。腹筋が鍛えられますね笑

 淡い繊細な矢羽根模様をショールに。

 色々なアイデアを出し合って、今回もたくさんオリジナル墨流しショールを染め上がりました!

 日々の暮らしのoneアイテムにしていただけたら嬉しいです。
喜んでいただけますように。

関連記事