墨流しの歴史

始まりは・・・ 平安時代

墨流しという技法は、平安時代後期の王朝貴族が川に墨を流し模様の変化を楽しむ遊びを起点としています。そののち、宮廷の女人たちが、宮中でも楽しむために、水盤の水面に墨を浮かべ、その模様を紙に写しとり、短冊や色紙に詩歌を書くようになりました。
この遊びがやがて、紙の製法の発展にともない、装飾技法のひとつとしての墨流しとして一般化し、和歌や仮名料紙などの意匠に応用されるようになったと言われています。

江戸時代

江戸時代中期になると、墨流しの技法を応用した多様な色や模様の料紙が生産され流だけでなく、布帛の染色にも取り入れられ、さまざまな領域に応用され、古くから愛されてきました。
墨流しは、福井県武生に古くから伝えられてきた染色技法として知られています。

近代~

京都における伝統の染色技法である墨流し染は、明治期の八木徳太郎にはじまります。八木徳太郎は、文化 6 年に美濃国より移住し墨流し業を継ぐ八木家の3代目です。初代の義助や2代目のもよ子も、短冊や扇面など紙に墨流しを施す職人でしたが、その技術を布にも染められるように改良したのが徳太郎でした。八木徳太郎氏は、1反を何回かに分けて染色し、その際継ぎ目を目立たなくするために、継ぎ目に流線状の型紙を貼り付けて染色する技法を考案しました。その後、京都高等工芸学校(現:京都工芸繊維大学)色染科教授の鶴巻鶴一は、染料およびその定着に関して技術改良します。さらにその後、鶴巻の教え子の亀井光三郎が、更に染色技術を考案します。そして、この技術を、友禅染の日比野治三郎が譲りうけ、さらに研究を重ねて糊流し染の商品を開発する。

現代~

この墨流し染の染色技法の変遷の延長上に、現代の名工として活躍する薗部正典氏が 創り出す現代の墨流し染があります。多くの研究や改良がされてきた墨流しですが、水に染料が溶け出す前に模様を十数メートル一度に描き、生地にうつしとるのは、繊細な神経と熟練した技が必要で、現在でも描くことができるのはごくわずかな職人だけです。